banner

福祉のためのNPO法人

福祉のためのNPO法人設立


最近では、社会福祉に貢献するNPO法人設立を果たす法人が増加しています。例えば、障害を持った方への就労支援や生活に関する自立を促進するために、職業に就く就労支援のためのNPO法人設立が目立ちます。NPO法人設立の本来の目的は、会社によって発生する売上の利益だけではなくて、一般の社会に対応した人間性の育成の目的と人格の完成を踏まえたNPO法人設立であると言えます。人間が一人前の人間として生き抜いていく力を養って、人間として弱い立場にある人を助ける福祉の能力を身につけさせる社会性を培う場所でもあります。また、国内の様々な支援だけではなくて、海外への様々な支援を中心とした仕事も請け負っている法人もあります。例えば、水などのライフラインがない地域に井戸を掘る事業を行って、綺麗な水が飲めるようになった時の喜ばしさは現地の人だけではなくて、提供した側も弱い人の立場に多って行動を起こしたというやりがいがあります。

介護事業はNPO法人設立が前提です

NPO法人設立をめぐっては、いろいろな条件や制約があります。
よく誤解されているところですが、NPO法人は利益を出してはいけないとか、 NPO法人の役員は報酬を受け取ることができないとか、誤った知識を持っている人がいまだにいます。
決してそんなことはありません。
一定の条件さえ満たしていれば、NPO法人が利益を上げてもいいわけですし、役員が給料を受け取ることにも問題はありません。
そもそも、なぜNPO法人設立に踏み切ったのかを尋ねてみますと、まずは、NPO法人設立をしないことには事業許可が下りないから、というのが多いです。
その典型は、介護事業です。
介護事業のように、法人を設立しないと事業として認められない事業もあるのです。
運営者ベースで考えると、事業継承の点で、個人で事業許可をるよりもNPO法人で事業許可を取った方が有利なことは言うまでもありません。
また、信頼性の点でも、NPO法人の形態のほうが、個人よりも信用度が高まるのは事実です。
このような理由で、NPO法人が立ち上げられるのです。

Copyright(c) 2014 NPO法人設立に絶対必要な5つのポイントAll Rights Reserved.