banner

法人設立手続き

NPO法人設立の際に行う税務署での手続き


NPO法人設立の際に税務署ではどのような手続きをとったらよいのか説明します。
まず、NPO法人というと法人税は非課税となっていますが、税法で定められている34種類の収益事業を行った場合には、その収益事業の利益に対しては法人税が課税されるようになっています。
よって、NPO法人は基本的な内容を税務署に告知するために、法人設立届出書という書類を提出しなければならない決まりになっています。こちらの届出は収益事業を開始後2ヶ月以内に提出する事が義務付けられており、法人設立届出書については税務署のホームページからダウンロードする事もできます。他にもNPO法人設立で収益事業を行う場合に提出する書類として、青色申告の承認届出書、棚卸資産の評価方法の届出書、減価償却資産の償却方法の届出書があります。
また、給料や役員報酬を支払う者が在籍する場合には別途、給与支払事務所等の開設届出書、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書などの書類の提出が必要となってきます。
NPO法人設立の際には、内容によって手続き内容がが変わってくるので要注意です。

NPO法人設立に最適な時期

NPO法人を設立する際、最適な時期はいつ頃が良いかをまとめました。
まず、NPO法人設立のメリットとして、通常の個人でのボランティア活動などと比べて信用が厚いものとなる事です。商品を販売す際にサービスを提供したい時、NPOだと安心感を与える事ができます。
またNPO独自の税金制度と節税対策が取れますので会社を経営されている方がNPO法人設立する事は珍しくないのです。
これまで活動していた内容がNPO法人にする事によって、全くの非課税になる事もあるのです。
個人での活動ではなくもっと幅を広げ信用力アップを考えていたり、会社の税金制度や節税対策に利用できる状況に該当するようであれば、NPO法人設立の最適な時期です。
NPO法人設立のデメリットとしては、資金が調達しやすくはなりますが自己資金の2~3倍までの貸付であったり、常に情報公開をしておかなくてはいけない為、書類の作成業務に大変な時間を費やさなくてはいけない点になります。
デメリットも考慮して設立した方が良い時期かを判断する事が大切です。

Copyright(c) 2014 NPO法人設立に絶対必要な5つのポイントAll Rights Reserved.